断られる条件は?

脱毛不可としてサロンで施術を断られるのはどのような場合でしょうか。

まず、妊娠中はホルモンバランスが乱れて肌に影響を与えることがあるので出来ません。脱毛サロンの顧客は若い女性が多いので、コース契約中に妊娠をした場合は、有効期限を延長したりして対応してくれるサロンはたくさんあります。
日焼けをしている場合も断られることが多いですね。レーザーや光はメラニンに反応するので、日焼けをした肌は肌トラブルを起こす危険があるのでサロン側としても受けたくはないのでしょう。サロンに行く前の何日かは日焼けをしないように気をつけましょう。
肌荒れがひどい場合や、脱毛したい箇所を怪我している場合も断られます。
タトゥーをしている箇所も脱毛出来ません。タトゥー箇所から数センチは離れていないと脱毛は出来ないようです。
他にも前日までに予防接種などの注射を受けたり、当日お酒を飲んでいたり、体調がすぐれない場合も受けることは出来ません。アトピーの場合は医師の同意書などの証明が必要になります。その他、持病を持っている場合も医師の承諾が必要です。
また、一般的な脱毛サロンは女性専用となっている場合がほとんどなので男性が行っても断られます。確実に。最近では男性専用の脱毛サロンがあるので脱毛したい男子はそちらで受けましょう。
ちなみにニューハーフの方々は基本的にはメンズエステだそうです。